VC trivago 468 x 60

キンシャサ、治安状態が少しずつ悪化か?

投稿日:2017-09-05 更新日:

キンシャサの治安、数年前の状態に逆戻りするのか?

コンゴ民主共和国のキンシャサ、レンバにあるキンシャサ大学付近で7月に暴動が起こるなど、ちょっと物騒なニュースが増えてきました。
去年の半ばあたりから顕著になってきたコンゴフランの下落、その後もアメリカドルに対して下落を続け、下げ止まる感じがしません。
食糧を含め多くを輸入品に頼るコンゴ民主共和国は、物価が高騰、景気が良くならない中のインフレ、相変わらず貧困層、一般層の仕事は少なく、ビジネスも低調、人々の不満がたまっているのは、DGE(日本で言う税務所)の人からも聞いています。
経済が、悪循環スパイラルに落ち入っています。

また、バ・コンゴ州を本拠地とする、政治的宗教団体Bundu Dia Kongo(通称ベー、デー、カー)が、8月、キンシャサの複数の区で、警察施設などをターゲットとした襲撃事件を起こしたそうです。
赤いはちまきの集団で、警察は彼らに対して威嚇射撃で応戦したそうです。
BDKは、現政権打倒とバ・コンゴ州の分離、自治権獲得をかかげ、コンゴ王国の再興を目的としているようです。
西欧諸国とコンゴ政府の高官とがつるんで汚職を行ない私腹を肥やしていることなどに対して不満のある人達の一部には、この国粋主義的な組織を支持している人達もいるのでしょう。
一旦は、消えたかに見えた集団が表舞台に再び現れてきました。

昨年行なわれるはずだった大統領選挙が、未だにいつ行なわれるか確定せず、政治的にも不安定な状態が続いています。
今年(2017年)の2月1日にベルギーで亡くなった、野党のリーダー、元首相で大統領候補の一人でもあったエチエンヌ・チセケディUDPS党首のコンゴ国内での葬儀も未だに行うことができないでいます。
下の写真は、私が2月3日にキンシャサで、タクシーの中から撮影したものです。窓のところに葉っぱが飾られていますが、チセケディ氏に哀悼の意を表しています。キンシャサでは、数日間、この飾りをした車をしばしば目にすることになりました。



レンバに住むコンゴ人の友人からも、誘拐等もあるという情報があり、だんだん悪化していくのではないか、と懸念しています。2014年や2015年は、経済も上向いてきていて、未来になんとなく期待感がありましたが、今は、とても未来が明るいとは感じられない状態です。このまま治安が悪化、数年前までの状態に逆戻りしないことを願っております。


キンシャサ


昨日の記事の補足ですが、キンサシャ大学があるレンバの位置は、緑色のところ、バンダルンガは、青色のところです。

AdSense 336 x 280 display and text




AdSense 336 x 280 display and text




-アフリカ, コンゴ民主共和国, 旅行

error: Content is protected !!

Copyright© A bit different world , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.